~Looking out for over elation~

嬉しいとき、物事がうまくいったとき、祝いの席。そういったときに一杯飲むことは自然なように思えます。文化的にも祝い酒というのは一般に行われているように思います。昇進したとき、家族の結婚式など、飲む理由付けがされる場面は沢山あります。

そういったときに、お決まりの、「一杯だけなら」という考えが頭をもたげてきます。一杯だけならひどいことにはならないだろう。この場面で酒を断るのは失礼だろう。そういった飲むためのエクスキューズが脳裏を去来することでしょう。

忘れてはいけません。アルコール依存症の症状は、「精神の強迫観念」「渇望現象」です。それらの症状から免除される場面は存在しないということを。

私たちは、自分の意志で酒を飲まずにいる力を喪失しています。どんなに飲まないでいようと固く心に誓っても、あるとき「ふっと楽になる感覚」を求めて、取るに足らない理由で酒に手を出してしまいます。これが精神の強迫観念です。
また、私たちはアルコールに対して奇妙なアレルギーのようなものを持っています。一杯飲めば、適量でやめるということができず、次の一杯を求め続けてしまうのです。これが、渇望現象です。そして一杯酒を口にすれば、渇望現象から逃れることはできません。

飲もうという考えが頭に浮かんでくる事自体は自然なことです。パニックに陥らず、冷静に対処しましょう。
健康上の理由であれば、祝いの席での酒を断ることは全く失礼ではありません。また、飲まない理由をくどくど説明しなくても、「お酒は飲まないんです」「禁酒しているんです」といった一言で問題ありません。更に飲まない理由を聞かれたら、「健康上の理由で」とか、「ドクターストップです」とでも答えておけば大丈夫です。
私の場合、無理に酒を勧めてくる人に出会ったことは今の所ありません。勤め先であればアルハラにうるさい世の中ということもあるでしょうが、そもそも他人が飲まないことに深い関心を持つ人は少ないです。なにか理由があるんだろうなぁと思って察して尊重してくれているように感じます。
仲間の話を聞いていると、祝いの席で酒を飲む習慣が根強い地域もあるようです。その場合は断固として断るしかないと思います。依存症者にとっては一杯が命取りです。他人から多少悪く思われようが、命と引き換えにするのは割が合いません。ただ、そもそも飲まなければ悪く思われるというのが、依存症者によくある先取り不安であることが多いと思います。

私も飲めなくなってから弟の結婚式に参加しましたが、酒を飲めないことは事前に伝え、乾杯は烏龍茶にしておいてもらいました。配慮いただけることに感謝ですね。

12 Step and me 有頂天にはご用心 Click To Tweet