~Changing old routines~

飲んでいた頃の、酒に関係する習慣や飲み方は、千差万別、人それぞれ違います。
自分の昔の習慣がどういったものだったか吟味して、その習慣を一旦やめたり、他のやり方に置き換えたりすることが、再飲酒を防ぐために役に立ちます。

私の場合ですと、平日は会社が終わったらすぐに、最寄りのコンビニに駆け込んで、缶チューハイを流し込んでいました。その後、別のコンビニにはしごするか、立ち飲み屋に行き、酔いがまわったら電車に乗って帰路につきました。自宅の最寄駅からは、徒歩で家まで30分はかかるのですが、あえて歩きながら、コンビニで酒を買って飲んでいました。音楽を聞きながら。

休日は朝、昼ごはんの買い出しにスーパーに行ったら、そこで酒を買ってその場でのみ、家に帰って昼ごはんを作ったあと、妻を置いてまた外出、コンビニ巡りをして延々と酒を飲み続けます。音楽を聞きながら。

これが私の飲酒ルーティンです。私の場合、飲酒に結びつく習慣は、コンビニと散歩と音楽です。最初はそれらを避けたほうが賢明だったのでしょう。
酒をやめてしばらくは何をしてもつまらなく、好きだった音楽も全く楽しめなかったので、聴こうという気にもなりませんでしたが、コンビニは避けていませんでした。結果、酒をやめはじめてから、安定して止まるまで確か3回スリップしましたが、私の場合全部コンビニで酒を買ってのスリップでした。
いま私の飲酒が止まっているのは、色々自分の側での努力もあったことは確かですが、結局の所、「運が良かった」のです。もしかしたら、最後にコンビニでスリップしたあとは、止まってなかった可能性だってあった。

あなたも、自分の飲酒パターンを振り返り、それを避けるようにしてみてください。

12 Step and me 昔の、型にはまった習慣を変える Click To Tweet