オンラインミーティングに助けられる

また更新がご無沙汰になってしまいました。
新居を購入し3月に引っ越しました。一戸建てに住むのは実家以来なのですが、本当に快適です。お金のやりくりがものすごく上手な妻のおかげで現金一括購入したため、ローンというものがありません。資産運用が上手な人であればまとまった金は株なりの運用に回し、住宅の購入はローンにするのでしょうが、うちは運用でお金を増やすセンスはないため、一括購入にしました。背負うものが無く、晴れ晴れとした気分です。
結婚してからというもの、東京と大阪でずっと妻の会社の社宅に住んでいました。立地もよく居心地も良く、家賃も安いものの、どこも築30年を超える物件で綺麗とは言えず、あまり住処に愛着も持たずに暮らしていました。
新居では大切に住もうという気持ちが妻も僕も強く、前よりも頻繁に掃除等しています。

さて、僕もご多分に漏れずコロナの影響を受けた暮らしを送っています。
4月の頭に一度働いていたプロジェクトを抜けさせて頂き、(業務内容が技術的な面がほとんどなく、自分のスキルが落ちていくのが嫌だったため、お客様にわがままを言う形になりましたが、プロジェクト途中で辞めさせて頂きました。)、新しい業務を6月から開始するつもりでいたところ、住んでいる区の保育園が原則休園となってしまいました。妻も在宅勤務ではありますが仕事に復帰したため、自分が仕事を始めると子供をみる人間がいなくなるという事態になってしまいました。
予定では5月頭に保育園は再開するのですが、このコロナ禍の中おそらく休園期間が延長されるのではないかと思っています。業務再開に向けた顧客との打ち合わせすら予定できない状況で、困ったなぁと思っています。収入は妻のものがあるので生活に困りはしませんが、半減しますし。
そんなわけで、しばらくは日々子供を公園に連れて行く以外、自宅に籠もる日々になりそうです。

僕の住んでいる地域のAA会場も、ほとんどが休止となりました。屋外でのミーティングを行う会場もありましたが、屋外でも人と接するのが危険との判断で、それもやめていると聞いています。
そんな中、仲間の有志がオンラインミーティングを始めてくれました。Zoomというアプリで行うのですが、参加してみたところ知った顔も多く、通常のミーティングとあまり変わらない心持ちでいることが出来ました。コロナが無くとも、0歳と3歳の子供を抱えていてなかなか通常のミーティングに参加できないので、非常に助かります。
仲間には本当に感謝ですが、オンラインだと献金も受けることができず(PayPayやLine Payでやろうと思えばできそうですが)、新しい人の参加を受けることも出来ないでしょうから、個人的にはオンラインミーティングをずっと開催してほしいと思うものの、やはり暫定的なものとなるのでしょう。

ともかく、早くこのコロナ禍が一段落することを願うばかりですが、数ヶ月単位で収束とはいかず、年単位の戦いにならざるを得ないのではないでしょうか。
皆様もくれぐれも気をつけてお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です