下の子供が3ヶ月になりました

乳児ってこんな感じだったなぁと、一人目の育児を思い返して感慨に浸っています。
最初の1ヶ月は、お風呂に空気でふくらませるタイプのベビーバスをおいて沐浴していたので、腰がめちゃめちゃ痛くなりました。
キッチンのシンクに嵌めるタイプのベビーバスならもう少し楽なのでしょう。しかし築40年超えの古い社宅(妻の会社の)住まいなので、キッチンも狭く、沐浴が難しいのです。
最初は毎日寝て泣いているだけで、うんちも頻繁で面倒です。外にもあまり行けないです。つまらないし正直僕はこの頃の子供はあんま可愛くも感じなかったです。

これが2ヶ月近くなると、格段に可愛くなります。ニコニコ笑うようになりますからね。笑ってくれるようになると、親としても本当に癒やされます。しんどさ半減です。

下の子供はよく眠る子供です。2ヶ月を超えたあたりから、夜間の授乳が1回ですむようになったそうです。今回は完全母乳のため、授乳のために僕が夜起きることはありません。妻に任せっきりで、しんどいときだけ起こしてもらってサポートです。仕事も始めているので、夜寝ていられるのは本当に楽で、妻に感謝です。

先日3ヶ月になりました。今はなんと母乳だけで夜間7時間位寝てくれています。何という優良物件なのでしょう。母乳だとミルクより腹持ちも悪いはずなのですが、おっぱいがたくさん出てるんですかね。
上の子も下の子をかわいがってくれています。嫉妬で不安定になるようなことも、ほとんどなかったように思います。
余談ですが上の子は僕の子供とは思えないくらい情緒が安定しています。まだ2歳4ヶ月ですが、イヤイヤ期を抜けたように思います。気持ちをコントロールして、遊びを自分でおしまいにして眠ったりしてくれます。僕よりある面ではずっと大人のように感じます。女の子だからかよく喋ります。僕は上の子に話しかけるとき、大人と話すのと同じように話してなんの手加減もしていませんが、全く困っていません。

AAへの参加も、下の子供を連れて行くことが多いです。下の子は授乳後ならばしばらくおとなしくしてくれてます。泣きそうになっても抱くなりしてあやせば落ち着いてくれるので、ミーティングの妨げにもなっていないのではないかと思います。騒いだら外に出ますが、ほとんど外に出ずにすんでいます。
かわいがってくれる仲間もたくさんおり、感謝しています。
中には子供が嫌いな人もいて、我慢してくださっているかもしれません。しかしここは甘えさせていただこうと思います。僕も生活がバタバタしてストレスも溜まります。心の安定のためにミーティングは必要ですから。

仕事の方はまあ順調と言って良いのかな。プロジェクトに参加して3ヶ月が過ぎましたが、だんだん慣れてきました。少し苦手な人もいて、その人に言われたことでプライドが傷ついて大人げない態度をとってしまったりしました。
自分より優秀なプロマネさんなんかをみると、コンプレックスから傷つきやすくなり、欠点が出やすくなります。僕は恐れから必要なことが率直に言えません。必要なことを率直に言いつつ、相手に信頼されているような人を見ると、強いコンプレックスと、自分はいつまでも未熟なこどもだという意識に苛まれます。
しかしながら、こうしたことも社会で生きていく中での試練でしょう。試練が与えられる環境にいる事自体、幸せなことなのかもしれません。

しんどいことがあれば棚卸しをして、スポンサーにメールをするのですが、何もなければ棚卸しもせず、下手したら祈りすらしません。せっかく自分のサイトに好きな祈りをまとめたんですけどね。
僕は現状そんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です