~私たちが傷つけたすべての人の表を作り、その人たち全員に進んで埋め合わせをしようとする気持ちになった~

埋め合わせのリストを作成する

それでは、ステップ8についてご説明させていただきます。まず、ビッグブックのステップ8に関する箇所を読みましょう。まずは第1章 ビルの物語 P20の2〜3行目。さらに、第6章 行動に移す P110の1行目〜P121の7行目(ここはステップ8〜9をまとめた箇所です)になります。

まずは埋め合わせのリストを作成する必要があります。あなたの手には、ステップ4で作成した、恨み、恐れ、性の表があります。あなたは自分の何かが傷つけられたとき、持っている欠点が発動し、その欠点に振り回されて、相手を傷つけるような事をしてきたということが、その表を見ればはっきりと分かるはずです。ステップ4の表をもとに、以下のような内容のリストを作成して下さい。

埋め合わせのリスト
No. 傷つけた相手 相手にどのようなことをしてしまったか どういうふうに埋め合わせをするか
1 Aさん 反発してわざと指示を無視した 反抗的な態度を取り、不快な思いをさせてしまったことを謝罪する

説明します。「傷つけた相手」列には、ステップ4の表に出てきた相手の名前から、あなたが傷つけたと感じている人の名前を書いて下さい。「相手にどのようなことをしてしまったのか」列には、ステップ4の表に同じ項目がありますので、そのまま複写しましょう。「どういうふうに埋め合わせをするか」列には、あなたの側の落ち度について、相手に率直に謝罪するという気持ちから、どうやって埋め合わせをするか記載して下さい。

また、リストは、「すぐにできそう」「あまり気が進まない」「絶対にやりたくない」「間接的埋め合わせ」の4種類を作って下さい。埋め合わせは心から行わなくては意味がありません。おそらく、まだ相手が許せないという理由で、心からの埋め合わせができない相手もいるでしょう。それに関しては、あなたが相手を許す気持ちになる日が来るまで、今はどうしようもないのです。

間接的埋め合わせは、神に祈り、同じ過ちを繰り返さぬよう、欠点が取り除かれるように謙虚に求め、今後の行動を変えていくといった方法になります。以下は間接的埋め合わせの対象です。

間接的埋め合わせの対象

  1. 相手と連絡を取るすべがない。(死去、連絡先不明など)
  2. 埋め合わせが他人を巻き添えにする場合。
  3. 埋め合わせの行動が相手を傷つける場合。

「埋め合わせが他人を巻き添えにする場合」というのは、例えば埋め合わせの行動によって、あなたが刑務所行きになり、残された家族が困窮すると言った場合です。

「埋め合わせの行動が相手を傷つける場合」というのは、例えば浮気ですね。あなたの浮気を知らない妻に、埋め合わせの告白でもすれば、間違いなく相手は傷つきます。もしくは過去にひどい扱いをした女性に対してとかですかね。そういったケースでは、あなたはその重荷を他人を巻き添えにして下ろすことはできません。神に許しを請い、同じ行動を繰り返さないと言ったことしかないでしょう。相手はあなたを許さないかもしれませんが、それ以上できることは残念ながらありません。ずっと背負っていかないといけない過ちというものも、あるのではないでしょうか。ステップに沿って生きていけば、あなたの側の重荷は、背負いながら生きていくことができる重さになっていくと思います。

EXCEL形式で埋め合わせのリストをダウンロードできるようにしておきました。必要でしたらご利用下さい。

ステップ8埋め合わせのリストのダウンロード

次のステップに進む前に

次のステップでは実際に埋め合わせの行動を行います。気後れを感じると思います。その場合はアルコールに打ち勝つためならなんでもするのだという気持ちを思い出し、また、行動に移すことができるよう、祈りましょう。

ステップ9へ進む 12 Step and me ステップ8 Click To Tweet