~こうした性格上の欠点全部を、神に取り除いてもらう準備がすべて整った~

「神に」取り除いてもらう

あなたの性格上の欠点は、ステップ4での棚卸表の作成と、ステップ5でのもうひとりの人への正直な告白を通して、明らかになったと思います。あなたの頑固な自我は、いつもいつも同じようなパターンで暴走してきたでしょう。あなたはどこに行っても他の人々との軋轢の中に生き、恐れから人を恨み、傷つけてきたのではないでしょうか。苦しくはありませんでしたか。まるで鎧を着て泳いでいるように。ステップ6ではその鎧を神に取り除いてもらう決心をしましょう。このステップも、委ねるステップです。

それでは今回も、ビッグブックのステップ6に関する箇所を読みましょう。第6章 行動に移す P109の6行目~10行目です。短いことにびっくりしたのではないでしょうか。ステップ6と、ステップ7は、ビッグブックでの記述も短いですので、軽視されがちなようです。ですが、非常に重要なステップです。私はここをきちんと理解せずに先のステップに進んだため、のちのちとても苦しい思いをしました。今になって考えるとそれは私にとって必要な経験だったのでしたが。

あなたは明らかになった性格上の欠点を、すぐに取り除きたいでしょうか。それとも手放したくないものもありますか?私は手放したくないものがいくつもありました。私は「優秀な自分」という勝手な妄想の自己像を手放したくありませんでしたので、仕事の手柄は人に渡したくありませんでしたし、責任を人にかぶせるのも比較的平気な方でした。縁の下の力持ちなどまっぴらごめんで、自分が活躍して尊敬と羨望の念を集めて快感を感じたかったです。他にもいろいろあります。女性関係とか・・・まぁ私の話は置いときましょう(逃げた)。自分自身に正直に向き合い、欠点を手放せる気持ちになるまで、祈ってください。それに、あなたはすでに自分の欠点の重さに嫌気が差しており、その破滅的な欠点が取り除かれれば、人生がより良くなることも、ステップ4-5を通してわかってきているのではないでしょうか。

重要なのは、あなたの欠点を取り除いてもらう作業は、あなたと神の共同作業になるということです。間違えないようにしてください。神が主担当で、あなたはその助手か丁稚かなにかです。あなたは神に従う方です。あなたには、自分の欠点を自分で取り除く能力はありません。そんなことが自由にできるならばあなたは神そのものです。欠点を取り除くか、そのままにしておくか、いずれ神様が判断されてよしなに対応されるものです。あなたに必要なのは、進んで変わっていこうという意志と、これから先のステップで、あなたに割り当てられた仕事をするということだけです。

あなたの欠点には、取り除かれないものも沢山出てくると思います。でもその事をクヨクヨと悔やんだり、失敗を何日も引きずって自己憐憫に陥らないようにしましょう。神は我々に謙虚さを教えるために、欠点をそのままに生きるようにと言っているのでしょう。欠点は、それを取り除くための我々の側の努力をしているかぎり、許されるのだと私は思っています。

*ただし、あなたの人生を破綻させるような重大な欠点については、アディクションが止まるのと同時にすみやかに取り除かれる事が、多くの依存症者たちの経験からわかっています。

次のステップに進む前に

さて、神にあなたの欠点を取り除いてもらってよいという心づもりはできましたか?あなたの欠点がなにか、棚卸表をもう一度見直しましょう。それらの欠点を手放し、神に委ねるよう、十分に祈りましたでしょうか。また、いくつか自分を見直す必要があります。アルコール依存症者であれば、アルコール以外の嗜癖(薬物、食、セックス、ギャンブルなど)を、気分を変えるために乱用していないでしょうか。家庭や子供のことなど、重要な問題から目をそらすためにワーカホリックになっていたりしませんか。テレビをだらだらみすぎるなどして、心を静かにする時間を疎かにしていないでしょうか。身だしなみや言葉遣いは適切でしょうか。部屋や庭を乱雑にして集中できないような環境に暮らしていないでしょうか。怠惰から先送りにしていることはないか、振り返りをお願いします。

あなた自身には欠点を取り除く力はありません。しかしそのことを悲観したり、惨めに思うことはありません。ここでは無益なものを捨て、変っていこうという前向きな気持ちやる気があれば良いのです。あとは神様にお任せしましょう。「大切なのは、私達が霊的な路線に沿って成長したいと願っていること」です。

ステップ7へ進む 12 Step and me ステップ6 Click To Tweet